Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>学生の方へ>教員紹介

教員紹介 教員紹介TOPへ

最終更新日: 2017-11-22
教員写真:早川 操
早川 操
はやかわ みさお
教授
 

◆メッセージ

今年から教育学部の教員として赴任することになりました。教育学部での教育研究活動に慣れるにはしばらく時間がかかると思いますが、教育学部の仕組みを理解したうえで、学部の取り組みや学生指導に貢献させていただきたいと考えています。教育学部の学生は積極的で活気にあふれていますので、学生の皆さんの長所を伸ばせるような指導ができるように努力したいと思います。
 

◆URL

-
 

◆最近の研究テーマ

これまでは、問題解決学習などにみられる思考の展開や構造について研究してきました。最近は、これをさらに広げて探究・思考・問題解決の過程で獲得される転移可能な能力についての研究に取り組んでいます。また、このテーマの基礎研究として、ジョン・デューイの教育理論や彼が指導した実験室学校での実践についても研究しています。これらの研究との関連で、現代の教育改革や大学改革の動向や課題についても関心を持っています。

 

◆研究業績

《論文》

  • デューイの心理学にみる実験的知性観の萌芽、『日本デューイ学会紀要』第54号、53- 63頁、2013
  • The Search for a New Role of Liberal Education in an Age of Globalization: The Challenge of Transferable Skills to Liberal Knowledge at Japanese Colleges and Universities、Asia Pacific Education Review, Vol. 15, No.1, pp.89-97、2014
  • デューイ「実験室学校」における反省的美的経験による教育―オキュペーション・カリキュラムを通じての想像力の育成―、『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)』第60巻第2号、1-18頁、2014
  • 「深い学習」とは―大学教育は「転移可能性」を教えられるのか、『教育哲学研究』第109号、93‐98頁、2014
  • デューイの美的経験論における実験主義的特徴―「一つの経験」と「質的思考」の意義再考―、『日本デューイ学会紀要』第55号、65- 74頁、2014
 

◆社会的活動又は学会活動

日本デューイ学会・会長
教育哲学会・理事
日本学術会議・連携会員
一般財団法人名古屋大学出版会・評議員

 

◆担当講義

科目名
学年
教育本質論 1
カリキュラム論 2
卒業研究 4
教職実践演習(教諭) 4
ケースメソッドA 3・4
ケースメソッドB 3・4

 

ページTOPへ