Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>学生の方へ>教員紹介

教員紹介 教員紹介TOPへ

最終更新日: 2017-11-22
教員写真:髙橋 聡
髙橋 聡
たかはし さとし
講師
 

◆メッセージ

算数や数学の授業の中で,疑問をもったり間違えたりすることは恥ずかしいことだと思っている人はいませんか?

何かを学ぶ過程において,主体的に考えた上で疑問をもったり間違えたりすることはとても自然なことであり,豊かな学びをもたらすための大切な要因です。学校の授業の中でも,そのような経験を通じて,子どもたちは豊かな学びを得ることができます。

しかしそのためには,教師による適切な支えが不可欠です。つまり教師自身が,学ぶ意欲をもち続け疑問をもったり間違えたりしながら主体的に考え抜く態度をもつ学習者であることが強く求められます。これから算数や数学の授業に関わる教師は,特に,このことを十分に理解する必要があるでしょう。

私自身,算数・数学教育に関する学びの過程の真っただ中にいます。様々な疑問をもち,未知に対して考え抜く態度を大切にしながら,皆さんと一緒に成長していきたいと思っています。
 

◆URL

-
 

◆生年

1975

 

◆最終学歴

筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科

 

◆最近の研究テーマ

・学校数学における幾何的内容の系統
・学校数学における数学的活動

 

◆研究業績

《論文》

  • 1970年代の義務教育課程の規準における幾何的内容の系統; 変換の考えに着目して、筑波数学教育研究, 26, 19-28、2007
  • 高等学校数学における数学的活動; 新しい検定教科書での「課題学習」の取り扱いに着目して、椙山女学園大学教育学部紀要, 第5巻, 13-21、2012
  • 高等学校数学における言語活動の充実;主として「活用」に関する問題の作成枠組みに着目して、椙山女学園大学教育学部紀要,第6巻,29-42、2013
  • 第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会基調発表; 高等学校部会, 教育課程、日本数学教育学会誌, 97(3), 25-28.、2015
  • 数学リテラシー概念に基づく数学教員養成カリキュラム改革の試み(II)、共著, 椙山女学園大学教育学部紀要,第9巻,49-61、2016

《著書》

  • 教科教育の理論と授業II; 理数編、共著, 第10章「数学教師の数学的リテラシー」(pp.147-160), 協同出版、2012
  • 算数・数学科教育、共著, 第13章第3節「統計的確率と数学的確率」(pp.243-248), 一藝社、2015

《報告書》

  • 高校生を対象とした高等学校における数学学習についての調査、日本数学教育学会数学意識調査委員会(2013). これでいいのか学校数学, 6(pp.81-100). 文章堂.

《学会発表》

  • 数学的活動を踏まえた数学IIIの学習指導; 基調発表を踏まえて.、日本数学教育学会誌, 93, 臨時増刊, 455、2011
  • 新しい教育課程の編成に向けて; 基調発表を踏まえて.、日本数学教育学会誌, 94, 臨時増刊, 469、2012

《その他》

  • 「なぜ,今,言語活動が重視されるのか; 算数・数学科の本質に迫る言語活動とは」、第94回全国算数・数学教育研究(福岡)大会シンポジウム, シンポジスト、2012
  • 算数・数学科の目標と算数的活動・数学的活動について、日本数学教育学会教育課程委員会座談会,高等学校部会代表、2015
 

◆社会的活動又は学会活動

[社会的活動]
○教員免許状更新講習講師(椙山女学園大学, 「現代数学から見た学校数学」, H25.8.8/H27.8.4)
○第70回関東都県算数・数学教育研究(栃木)大会高等学校部会数学III分科会指導助言者(H27.11.13)
○平成28年度椙山女学園大学附属小学校教員研修会指導助言者(平成27年度より継続)

[学会活動]
○日本数学教育学会
 ・研究部高等学校部会幹事
 ・数学意識調査委員
○日本科学教育学会

 

◆担当講義

科目名
学年
数理の世界 1
微分積分学I 1
算数 2
数学の指導法II 2
微分積分学III 2
現代数学入門B 3
数学の指導法III 3
模擬授業演習 3
数学教材研究B 4
卒業研究 4
教育実習(中等)A 3・4
教育実習(中等)B 3・4
事前及び事後指導(中等) 3・4

 

ページTOPへ