Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>学生の方へ>教員紹介

教員紹介 教員紹介TOPへ

最終更新日: 2017-11-22
教員写真:小杉 裕子
小杉 裕子
こすぎ ひろこ
准教授
 

◆メッセージ

研究テーマは大きく2つあります。
1.ピアノ演奏法の研究
ピアノは正直です。猫でも鍵盤の上を歩けば音を出すことができますが、心をこめて打鍵すると、豊かな色彩を帯びた音で歌ってくれます。ピアノは弾くものではなく、ピアノで歌うという姿勢を大切にしています。ピアノ演奏をとおして、音楽づくりについてみなさんと一緒に勉強していきたいと思います。
2.子どもたちの音楽的な表現についての研究
子どもたちは好奇心に満ちあふれています。子どもたちには、音やリズムを聞いたり鳴らしたりして、「楽しい」「おもしろい」「不思議」などと感じる経験をたくさん積み重ねてほしいと願います。音楽を聴く楽しさや、音楽をplayする楽しさを、学生のみなさんと共有しながら、感性の育ちについて一緒に考えていきたいと思っています。
 

◆URL

-
 

◆最近の研究テーマ

1.ピアノ演奏法について、特にロマン派作曲家の作品について研究しています。
2.音楽教育の領域においては、子どもたちが興味をもって音にかかわり表現することのできる題材や、保育者による子どもたちの表現の受け止め方と援助法などについて研究しています。

 

◆研究業績

《論文》

  • 音・音楽とかかわり遊ぶ幼児の表現とその指導―音のイメージを表現する活動の実践から― 2007 愛知教育大学幼児教育研究
  • 一斉歌唱場面における保育者の指導を考える―豊かな表現活動をめざして―、椙山女学園大学研究論集第40号、2009
  • 「基礎ピアノ」授業運営の現状と課題、椙山女学園大学教育学部紀要vol2、2009
  • 音楽的なイメージについての研究(1)―音づくりを音楽づくりへと導くもの―、2011
  • 小学校教員養成課程のピアノ指導を考える―現職小学校教員の授業実践の現状に着目して―(共著)、椙山女学園大学教育学部研究紀要vol.5、2012

《著書》

  • ピアノコレクション(共著) 2004 共同出版
  • 保育士をめざす人のための福祉施設実習(共著) 2006 株式会社みらい
  • 子どもと保護者への効果的な「声かけ・応答」(共著) 金芳堂、2008
  • 小学校教員養成課程用 新編 音楽科教育法(共著)、音楽教育研究協会、2009
  • こどものうた(共著)、圭文社、2011

《報告書》

  • ピアノを含む教科指導法の研究と専門性の探究~芸術系教員のネットワーク作りによる~、金沢星稜大学共同研究プロジェクト、2009
  • 我が国における子守唄の調査と発掘、分析およびデータベース化、金沢星稜大学総合研究所共同研究、2012

《学会発表》

  • 音とかかわりながらイメージを広げる遊びの実践的研究 日本保育学会、2007
  • 教員養成大学学生の音楽経験について (共同研究) 全国大学音楽教育学会、2007
  • みんなで歌う場面での表現する楽しさのある環境づくり 日本保育学会、2008
  • ピアノ連弾をとおして聴くことの意味を知る―音楽の楽しみを広げるための試み―(共同研究)、平成22年度全国大学音楽教育学会中部地区後期研究大会、2011
  • 小学校教員免許取得に軸足を置く学生への音楽教育を考える―音楽教員免許併修に向けた取り組みから―(共同研究)、平成23年度全国大学音楽教育学会中部地区後期研究大会、2011
  • 幼児教育を学ぶ学生の子守歌に対する意識調査(共同研究)、日本保育学会第65回大会、2012

《指揮・演奏》

  • ピアノソロリサイタル 《フランク:プレリュード、コラールとフーガ、シャブリエ:ブレー・ファンタスク、スペイン、他》 名古屋市熱田文化小劇場、2004
  • ピアノソロリサイタル 《シベリウス:樹の組曲op.75、ショパン:スケルツォ第1番・第2番、他》 電気文化会館ザ・コンサートホール、2008
  • ピアノソロリサイタル《リスト:BACHの名による幻想曲とフーガ、 シューマン:謝肉祭 Op.9他》 電気文化会館 ザ・コンサートホール、2010
  • 第2回椙山女学園大学室内楽演奏会 《メンデルスゾーン:ピアノトリオ第1番d-moll Op. 49》 宗次ホール、2010
  • 第3回椙山女学園大学室内楽演奏会  《エネスコ:ピアノとヴィオラのための演奏会用小品》 電気文化会館ザ・コンサートホール、2011
 

◆担当科目

基礎ピアノI・II(1年)、ピアノI・II(2年)、保育指導法(表現B)(2年)、音楽の指導法(2年)、ケースメソッドII(3年)、ピアノセミナーI・II(3年)、卒業研究(4年)

 

◆社会的活動又は学会活動

所属学会
 日本保育学会
 日本音楽教育学会
 全国大学音楽教育学会
 日本ショパン協会

 

◆担当講義

科目名
学年
ソルフェージュ 1
基礎ピアノI 1
基礎ピアノII 1
音楽の指導法 2
ピアノI 2
ピアノII 2
保育指導法(表現B) 2
卒業研究 4
ピアノセミナーAI 3・4
ピアノセミナーAII 3・4
ピアノセミナーBI 3・4
ピアノセミナーBII 3・4

 

ページTOPへ