Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>学生の方へ>教員紹介

教員紹介 教員紹介TOPへ

最終更新日: 2017-11-22
教員写真:室 雅子
室 雅子
むろ まさこ
教授
 

◆メッセージ

みなさんは、家庭科にどのようなイメージを持っていますか。家庭科は衣食住のみならず、家庭生活、経済・経営、保育・介護に至るまで生活上の様々な事柄を広く対象とした教科です。講義を通じて、みなさんにこの教科の楽しさと大切さを伝えられたらと思っています。
また、もう一つの担当分野である家族、生活経営科目では、日頃近くにあるのにあまり意識していない家族や生活を対象としています。基本的に正解はありません。あなたがあたりまえだと思っている家族像が、友人にも共通とは限らないのです。様々な事象を客観的に受け入れることができ、自分の意志をもって人生の選択ができる手助けになるよう講義を展開していきたいと考えています。
 

◆URL

-
 

◆最近の研究テーマ

1. 子どもの学習内容への興味・関心と家族の関わり
2. キャリア教育におけるキャリア/ロールモデルへのインタビューの効果
3. 大学における家庭科教員養成課程・家政教育の再検討と課題
  (家政系学部と教員養成系の課題を含む)
4. 子どもの実践力育成と家庭科教育
5. 保育職養成のキャリア教育と家庭科教育とのかかわり
6.家庭科の教科構造について





 

◆研究業績

《論文》

  • 家族と教師による高校生の教科選好への影響(単著)、椙山女学園大学研究論集 第34巻 社会科学編、2003
  • 男女共修世代の教員志望状況と家庭科観調査に見る家政教育・家庭科教育の課題 −教職課程(家庭科)履修者対象調査の自由記述分析から(単著)、生活の科学 25、2004
  • 家庭科への評価から見る家庭科教育の課題―中学教員調査からー(単著)、椙山女学園大学研究論集 第36巻社会科学編、2005
  • 地方自治体における支援策(単著)、家族関係学 第27号、2008
  • University Students' Life Skill Comparison in Japan and Korea(共著)、韓国家政科教育学会誌 2010.VOL22,NO.4
  • 学習指導要領の違いによる生活力ー1989年告示版と1998・1999年告示版履修者の比較ー(共著)、大学家庭科教育研究会、2011
  • ライフコース選択へのキャリアモデルインタビューの有効性(単著)、椙山女学園大学教育学部研究紀要第5号、2012
  • 社会人の「生活力」調査からみた家庭科教育の課題(共著)、日本家庭科教育学会誌第55巻第2号、2012
  • 両性のマナー・エチケットとして気を付けたいこと‐日常生活から(単著)、『児童心理』2013年3月号
  • 教員養成課程における大学生の家庭科観から見る家庭科教育の課題(単著)、椙山女学園大学研究論集 第45号 社会科学篇、2014
  • 私立大学における家庭科教員養成の現状と課題(単著)、椙山女学園大学研究論集 第45号 社会科学篇、2014
  • 生活場面で実践できる力の実態と課題 : 消費生活・環境学習との関連(共著)、三重大学教育学部研究紀要, 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学、2015

《著書》

  • 21世紀に生きる力をはぐくむ家庭科教育、中部日本教育文化会、2000
  • 『家庭科ワークブック「人間の発達と保育」』(P66-67、74-75、106-107、130-131 担当)、東京書籍、2002
  • 家族が学校の教科への関心を育てる―、『青少年期の家族と教育―家庭科教育からの展望』 家政教育社、2006
  • 家族・保育の授業にみる『生活スキル』の学び (2部6章担当)、『シリーズ生活をつくる家庭科 第1巻 個人・家族・社会をつなぐ生活スキル』ドメス出版、2007
  • 『子どもがいきる家庭科‐生活を科学し、実践する力を育てる授業づくり』、開隆堂、2010
  • 家庭科教員の力量形成の課題、『市民生活をひらく家庭科』 ドメス出版、2015

《報告書》

  • 「家政学における社会的活動」に関する調査結果、家政学者の社会貢献に関する調査研究プロジェクト(日本家政学会家政教育部会)、2003
  • ひとり親家庭等に関する都道府県および政令指定都市調査・支援策資料集(報告書)、(社)日本家政学会家族関係学部会研究活動委員会、2008
  • 生活力育成における家庭科学習効果についての履修形態による追跡、2007-2009年度科学研究費補助金(基盤研究C)報告書、2010
  • ひとり親家庭のウェルビーイングと自立支援に関する調査報告書、「ひとり親家庭のウェルビーイングと自立支援の実証的研究」研究会、2010
  • 女性リーダー育成のためのDUELプログラムを用いたキャリア教育の実践に関する研究、椙山女学園大学女性リーダー育成・研究グループ、2011
  • 生活力育成における家庭科学習効果についての履修形態による追跡、生活力研究プロジェクト、2011

《翻訳》

  • 『スキルズ・フォア・ライフ』 (第22〜25章担当)、家政教育社、2002
 

◆社会的活動又は学会活動

<会員>
日本家政学会(全国および中部支部会員)、日本家庭科教育学会(全国および東海地区会員)、日本家族社会学会、日本家政学会若手の会、日本家政学会・家政教育部会、日本家政学会・家族関係学部会、大学家庭科研究会、日本教科内容学会
Asian Reagional Association for Home Economics、
International Federation for Home Economics
<研究活動委員会・研究会>
日本家庭科教育学会東海支部・生活力プロジェクト研究会、
生活やものづくりの学びネットワーク

 

◆担当講義

科目名
学年
人間論 1
家庭科 2
家庭科の指導法 3
卒業研究 4
ライフデザイン 1・2

 

ページTOPへ