Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>学生の方へ>教員紹介

教員紹介 教員紹介TOPへ

最終更新日: 2017-11-22
教員写真:宮川 充司
宮川 充司
みやかわ じゅうじ
教授
 

◆メッセージ

教師や保育士は、仕事に関わる多様な知識や高度なスキルが求められるのは当然ですが、ヒューマンワーカーといった名称で呼ばれる職種固有の問題として、何よりも自分自身の人間性が問われます。とりわけ、子どもを相手にする仕事は、人間的な影響力ということが無視できない側面です。豊かな人間性というようなこととなると、ひとり一人異なる独自性の側面が大きいのですが、ヒューマンワーカーに共通に求められる重要な人間性の側面は、なんと言っても人間に対する温かいまなざし(ヒューマニズム)と共感的能力でしょう。
 

◆URL

-
 

◆最終学歴

名古屋大学大学院教育学研究科博士課程後期課程 単位取得満期退学

 

◆学位

博士(教育心理学)

 

◆最近の研究テーマ

本来の専門の1つは、パーソナリティ心理学と心理検査法で、困った人変わった人の診断概念、パーソナリティ障害(自己愛性人格障害など)のアセスメントは今でも重要な関心事項です。近年は大人の発達障害(注意欠如・多動性障害・自閉症スペクトラム障害など)のアセスメントや教師のメンタルヘルスに関しても、学校臨床との関係で関心が深くなっています。もう一つの専門領域に、生涯発達心理学や異文化間心理学・文化心理学といった、人間発達と文化との関わりを研究する分野をもっています。以前は乳幼児期の異文化接触と多文化化、外国から幼稚園や保育園にやってきた子どもたちのフィルドワークといったまじめな分野の研究をずっとやってきたのですが、最近では「熊野観心十界曼荼羅」という300年くらい前の「ひとの一生とあの世」に関する絵画史料の解読作業に取り組みました。現在は、さらに松本椿年という田園俳人の生涯に焦点をあて、現存する資料から個人史(年譜)を構成する作業に労力をさいております。この研究を通して、個人発達という概念の理論的精緻化をめざしております。

 

◆研究業績

《論文》

  • 児童における同画探索検査の遂行と教室行動・学業成績、心理学研究, 72(5), 434-441.、2001
  • 児童の内省による同画検索検査(MFFT)遂行分析、性格心理学研究, 9(2), 87-101.、2001
  • 2002年度教職課程認定申請実施校からの事例報告:東海地区の私学から、教師教育研究, 第17号, pp.73-p.80.、2004
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(I):『おいのさか』と生涯発達観、椙山女学園大学研究論集, 第36号(人文科学篇), pp.45-55.、2005
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(II)ー後藤家本再考ー、椙山女学園大学研究論集, 第37号(人文科学篇), pp.11-26.、2006
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(III)ー:興善寺本と日本民藝館本の比較ー、椙山女学園大学研究論集, 第38号(人文科学篇), pp.45- 72.、2007
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(IV)‐産屋の表現形態‐、椙山女学園大学研究論集, 第39号(人文科学篇), pp.115-125.、2008
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(V)‐「子は三界の首枷」考‐、椙山女学園大学研究論集, 第40号(人文科学篇), pp.75-86.、2009
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(VI)‐新出諸本の分析‐、椙山女学園大学研究論集, 第41号(人文科学篇), pp.55-70.、2010
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(Ⅶ)‐続新出諸本の分析‐、椙山女学園大学研究論集, 第42号(人文科学篇), pp.55-70.、2011
  • 青年期以降の発達障害‐二次障害とパーソナリティ障害‐、椙山女学園大学教育学部紀要,Vol.4, pp.103-109.、2011
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(Ⅷ)‐階層的クラスター分析による小栗栖の分類枠の検証‐、椙山女学園大学研究論集, 第43号(人文科学篇), pp.9-21.、2012
  • 青年期から成人期にかけての発達障害とパーソナリティ障害‐重ね着症候群とアスペルガー障害‐、椙山女学園大学教育学部紀要,Vol.5, pp.107-114.、2012
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(Ⅸ)‐階層的クラスター分析による穀屋寺甲本の位置づけ‐、椙山女学園大学研究論集, 第44号(人文科学篇), pp.11-25.、2013
  • 青年期以降の自閉症スペクトラム障害と未診断事例、椙山女学園大学教育学部紀要,Vol.6, pp.79-89.、2013
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(Ⅹ)‐階層的クラスター分析による別本・模写本の位置づけ‐、椙山女学園大学研究論集第45号(人文科学篇), pp.133-149.、2014
  • アメリカ精神医学会の改訂診断基準DSM-5ー神経発達障害と知的障害、自閉症スペクトラム障害ー、椙山女学園大学教育学部紀要,Vol.7, pp.65-78.、2014
  • DSM-5による反社会性パ-ソナリティ障害・素行障害とサイコパス、椙山女学園大学教育学部紀要,Vol.8, pp.47-58.、2015
  • 熊野観心十界曼荼羅とそのルーツ(Ⅺ)‐宝幢院本地蔵十王図、老いの坂・両婦地獄・釘念仏のルーツ‐、椙山女学園大学研究論集第46号(人文科学篇), pp.121-131.、2015
  • 田園俳人松本椿年の生涯と作品(一)‐生涯発達心理学の観点から略年譜の試作‐、椙山女学園大学研究論集第47号(人文科学篇), pp.43-59.、2016
  • DSM-5による素行障害と反社会性パ-ソナリティ障害‐自閉症スペクトラム障害との併存例の鑑定を巡る‐、椙山女学園大学教育学部紀要, pp.63-75.、2016

《著書》

  • 日本の児童における熟慮性−衝動性認知様式に関する研究」、中部日本教育文化社 椙山女学園大学研究叢書、2000
  • 「カタログ現場心理学:表現の冒険」(共著)、金子書房、2001
  • スクールカウンセリングと発達支援(共編著)、ナカニシヤ出版、2008
  • 子どもの発達と学校(改訂版)(共編著)、ナカニシヤ出版、2010
 

◆社会的活動又は学会活動

日本質的心理学会機関誌編集委員(2005年4月~2008年3月)
日本パーソナリティ心理学会機関誌編集委員会常任編集委員(2006年10月~2011年10月;1992年11月~1996年9月)
日本臨床発達心理士会中部・東海支部副支部長(2005年6月~2007年3月)
日本臨床発達心理士会東海支部長(2013年6月~2015年6月;2007年4月~2009年6月)
日本臨床発達心理士会東海支部事務局長(2011年6月~2013年6月)
一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構臨床発達心理士資格認定審査協力者(2007年9月~現在)
全国私立大学教職課程研究連絡協議会運営委員(2006年6月~2008年5月)
全国私立大学教職課程研究連絡協議会理事(2012年5月~2016年5月)
東海・北陸地区私立大学教職課程研究連絡懇談会代表世話人(2012年5月~現在)
社団法人日本心理学会専門別(第2部門発達・教育)議員(2003年7月~現在)
日本発達心理学会機関誌編集委員会編集委員(2004年1 月~2005年12月; 1994年1月~1996年12月)

 

◆担当講義

科目名
学年
発達と学習 1
介護等体験 3
教育相談(初等) 3
教育相談(中等) 3
教職実践演習(教諭) 4
卒業研究 4

 

ページTOPへ