2009年12月アーカイブ

12月13日(日)、本学教育学部の「子育て応援キャラバン隊」(担当:清 葉子講師)が、ナディアパーク(名古屋市中区)で行われたクリスマスイベント「親子でたのしむジングルベル」に参加協力しました。
第1部は、特設のクリスマスステージで、クリスマスソングやアニメソングをやさしい音色のトーンチャイムやメロディベルで演奏。買い物中の方々も、足をとめて耳を傾ける姿が印象的でした。
キッズパーク(名古屋市子ども・子育て支援センター)に場所を移した第2部では、クリスマスツリーとしても飾れる「トンガリぼうし」づくりや絵本の読み聞かせ、手遊びなどを行い、1歳から3歳くらいまでの子どもを持つ親子約30組がクリスマスイベントを楽しみました。
なお、この日はNHK総合テレビの取材があり、当日の「東海3県のニュース・気象情報(18:45~19:00)」の番組内で紹介されました。
これからも教育学部では、学生たちの学びとともに、子育てを応援し、支援していける場をご提供できれば、と考えています。

 

ペコちゃんずは、教育学部の学生によるトーンチャイムの演奏グループです。12月8日に、天白区の未就学児とその親が集まる「にこにこ広場」のクリスマス会に参加しました。
テーブルには参加者が持ち寄ったお料理が並び、社会福祉協議会からサンタさんが来たり、会員の方からの手作りのプレゼントが配られたりと、にぎやかなクリスマス会となりました。
ペコちゃんずは、トーンチャイムによる「サンタが街にやってくる」「ウィンターワンダーランド」などの演奏に、「あわてんぼうのサンタクロース」の歌や手遊びを交えて発表し、クリスマス気分を盛り上げました。学生は、小さなお子さんでも楽しめる演奏会にするにはどうしたらいいかを考えながら、練習を重ねてきました。帰り際に「素敵なクリスマス会になりました、ありがとう!」と声をかけていただき、一同感激しました。天白子ネットのみなさま、貴重な機会をいただきありがとうございました。トーンチャイムの温かい響きを子どもたちに味わってもらえるような演奏ができるように、これからも腕に磨きをかけていきます!

W

11月27日(金)、教育学部「子育て応援キャラバン隊」(担当:清 葉子講師)が、名東区役所(名古屋市)の講堂で行われた 「第1回すくすくメイト~子育てふれあい広場~」にお手伝いとして参加。アトラクションコーナーでの演奏だけでなく、交通 整理や誘導でも大活躍しました!
この企画は、未就園児を対象に、名東区内の保育園や子育て支援センターなどが協力しての初のイベント。
親子が楽しめるような様々な遊び、手づくりおもちゃ、育児相談コーナーは常に大賑わい。なかでも、アトラクションコーナー で行われた「子育て応援キャラバン隊」22名によるミュージックベルやトーンチャイムの演奏は、この日参加していた250組を 超える親子が聞き入っていました。「ジングルベル」や「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングも演奏や男性保育士さんの ギターに合わせて歌を歌いました。子どもたちにとって、一足早いクリスマスプレゼントになったようです。
キャラバン隊は、12月13日(日)にも、ナディアパーク(名古屋市中区)で行われるイベント「親子で楽しむジングルベル」に 参上します!キャラバン隊の活躍が楽しみです。

「親子でたのしむジングルベル」については こちら

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。