Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOMEWhat's New一覧What's New詳細

What's New

2008.11. 7
先生になりたい高校生が集まって「ふれあい実習体験」!

11月1日(土)、椙山女学園大学附属小学校で「ふれあい実習体験」を行いました。前回の9/20(土)は、あいにくの台風で延期となってしまい、参加できなかった高校生の皆さん、今回までお待たせしてしまった高校生の皆さん、申し訳ございませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。 
このイベントは、教育学部子ども発達学科で1年次より行なっている授業「ふれあい実習Ⅱ(参加)」を、高校生にひと足早く模擬体験していただく企画です。最初は戸惑い気味の高校生たち。でも、椙大生にアドバイスをもらいながら、教壇に登って授業をしたり、一緒に身体を動かしてゲームをしたり・・・、しっかりと「先生体験」ができたようです。「最初は緊張したけれど、とても楽しい時間を過ごせました。答え合わせでもいろいろと工夫しなければならないことなどとても勉強になりました。椙山に入学して、私もこの授業に参加したいと思いました」、「子ども達が笑顔で話しかけてくれたので嬉しかったです。ますます子どもに関わる仕事がしたいという気持ちが強くなりました」などという声も上がり、短い時間ではありましたが、それぞれが色々なことを感じることができたようです。椙大生が授業の進め方などを話し合う「討論会」や「先輩との交流会」も行なわれ、高校生には教育学部の活発な授業の様子や雰囲気も感じとっていただけたのではないでしょうか。 
その後は附属幼稚園と、併設の中学校・高等学校の見学ツアーに出かけました。教育学部では、これら幼稚園から高等学校までの附属・併設校での実習をカリキュラムに数多く組み込み、先生になるための実践的な学習の機会を多く取り入れています。 

ページTOPへ