2008年5月アーカイブ

教育学部の特色ある授業のひとつの「ふれあい実習」をひと足早く模擬体験できるイベントを今年も開催します。
当日は、椙大生が附属小学校の土曜教室「学習タイム」で先生役を務め、高校生のみなさんには、そのサポートをしていただきます。ドリルの計算に困っている児童に教えてあげたり、クラス運営を手伝ったりしてください。昨年は「何度でも参加したい!」と大好評の声をたくさん頂きました。
今年は合計3回の開催を予定していますが、第1回目は7月12日(土)!
各回20名の定員なので、「先生になりたい!」と思っている方は、是非、お申込みをしてください。
詳細は下記のページでご覧いただけます。 

ふれあい実習体験イベントについて(「先生になるための自分スケッチ、はじめよう!」)

必修科目「人間論」で、ゲストスピークを実施しています。

教育学部1年生の必修授業である「人間論」では、ゲストスピークを実施しています。これまで名古屋市立保育園の保育士の先生、名古屋市立幼稚園の園長先生、名古屋市立小学校の音楽専科の先生をお招きして、お仕事についてだけでなく、「先生としていかにいきるのか」というライフスタイルについてもお話を伺ってきました。そして、5月16日(金)には知多市でプレイスペースを運営されている小学生のお母さん方をお招きして、子育て環境や市民ボランティアについてお話をお伺いしました。そのときの模様を毎日新聞社が取材してくださいましたので、その紙面をご紹介いたします。

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。