Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>受験生の方へ>資格・就職合格者の声

合格者の声

合格者の声~夢を実現した先輩たち~

夢を実現した先輩たちからのメッセージ

1年次から積み重ねた豊富な実習経験が保育士としての基礎を作ってくれました。

愛西市職員(保育士)
Y.Nさん 保育・初等教育専修

保育士・幼稚園教諭に加えて小学校教諭の資格取得もできるので、将来の選択肢を増やせると考え、入学を決めました。また、1年次からの実習や毎日の英語の授業など、特色ある学びや手厚い指導とサポートも魅力でした。実際、豊富な実習経験は講義での知識を深めるのに役立ち、採用試験でも説得力のある論述を展開できました。今後は、さまざまな角度から子どもを見守り、一人ひとりに寄り添える保育士をめざします。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

指導法の学びを通し、数字の魅力を再認識し、理想の授業を見つけた4年間。

愛知県中学校教諭(数学)
S.Mさん 初等中等教育専修

特に印象に残っているのは、数学の指導法を学ぶ授業です。数学教員の使命や数学を学ぶ重要性を改めて考えたことが、めざすべき教師像を見据えるきっかけになりました。また、先生や仲間と話し合い、課題に取り組んだことで新たな数学の面白さに気づき、理想とする授業のあり方を明確にすることができました。今後は、生徒や同僚の先生方から多くを吸収し、より良い教育を追求し続けたいと思います。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

子どもとの関わり方から保育の手法まで、学んだすべてが今の仕事に生きています。

名古屋市立幼稚園教諭
S.Mさん 保育・初等教育専修

在学中に興味を持ったのが「子どもの発達心理学」や「幼児理解の理論と方法」などの授業。保育・教育の専門家である先生の実体験や保育現場のリアルなエピソードなどを通し、子どもの成長・発達について詳しく学びました。また、学生が先生役と子ども役に扮する「模擬授業」では、それぞれの立場で保育の手法を具体的に考える力が身につきました。大学4年間で、子どもとの関わり方や幼児理解に対する心構え、手遊びや歌といった具体的な保育手法など、保育者に必要なすべてを学ぶことができました。それらを現在、勤務する名古屋市内の公立幼稚園で実践しているところです。
大切にしているのは、子どもたちにどのように育って欲しいのかを明確にイメージすること。確かなビジョンのもとで保育に臨むことで、年齢や時期に合った適切なサポートができると考えています。また、一緒に過ごす中で、子どもたちの行動、会話などを見過ごすことなくキャッチして、「なぜその行動に至ったのか」を考えるように努めています。子どもを理解することが、次の保育に生かされます。毎日の試行錯誤の中で、子どもたちが自分なりに殻を破り、成長した瞬間に立ち会えた時は、大きな喜びを感じます。子どもたちの思いや笑顔を大切にし、共有していくために、自分はどう行動していくべきか、そんなことを常に意識しながら日々の仕事に取り組んでいます。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

学校現場を意識した実践的かつ密度の濃い授業で、教師として必要なことを学びました。

知多市立小学校教諭
M.Yさん 初等中等教育専修

小学生の頃からの「教師になる」という夢を実現させるために教育学部へ。保育園や幼稚園も設置している椙山女学園は実習の機会も豊富で、目標を確実に達成するための学びの場として最適だと感じ、入学しました。また、初等中等教育専修では小学校だけでなく、文系出身でも中学校・高等学校の数学の教員免許を取得できることも魅力でした。教員になった今、椙山での学びが現場を意識したものだったことを改めて実感しています。例えば、子どもや保護者に対する接し方を、実際の現場で起こっている事例を通して身につけることができました。また、発達障害の児童への対応の仕方をテーマにした授業など、実践を前提にした学びは、子どもたちと接するうえで、とても役立っています。
特に4年次の「教職実践演習」では、現役の教師の方々による講義がとても具体的で分かりやすく、学校現場で起こりうる事例について学生同士で考え議論し合いながら、教師になるうえで必要なことを実践的に学ぶことができました。現在、小学校で3年生のクラス担任をしています。授業のほかに、クラブ活動の顧問も務めるなど忙しい毎日ですが、日々、勉強しながら懸命に取り組んでいます。同じ毎日のようで、一日一日まったく違うのが、この仕事の醍醐味。昨日できなかったことが今日はできるようになるなど、子どもたちの成長を肌で感じ、その喜びを一緒に感じながら、充実した日々を送っています。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

子どもたち一人ひとりの個性を尊重し、
育ち合いを大切にできる保育者へ。

岡崎市職員(保育士)
U.Rさん 保育・初等教育専修

幼い頃から保育者をめざしていた私にとって、公立の保育職に毎年多くの合格者を輩出している椙山の子ども発達学科は魅力的でした。実際、自治体ごとのグループで面接練習を行うなど、公立保育職の採用試験のための対策が充実。面接対策専属の先生が試験直前まで熱心に指導してくださいました。また、幼稚園の現場経験が豊富な先生が、履歴書の添削や実技試験の対策に何度もつき合ってくださり、とても心強かったです。保育者の立場からもアドバイスしてくださる先生の存在はとても大きく、モチベーションを維持し続けることができました。そして持ち続けた保育職への強い気持ちが、第一志望だった岡崎市保育職への合格につながりました。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

採用試験合格の勝因は、
子どもたちと直接ふれあう経験の多さ。

名古屋市小学校教諭
I.Nさん 初等中等教育専修

1年次から学園内の小学校、中学校・高等学校などで観察実習ができるなど、他大学に比べて実践的な学びの場が多いのが椙山の子ども発達学科の魅力です。また、教育ボランティアなど課外活動でも子どもたちと実際にふれあう機会が多く、現場で過ごした時間と比例して経験値を高めることができました。教師として持つべき価値観を、在学中に身につけられたことが自信につながっています。もちろん悩みや不安を抱くこともありましたが、その都度、ゼミの先生が親身になってヒントを与えてくださったおかげで、乗り越えることができました。今後は、子どもたち一人ひとりに、その成長の過程で一歩を踏み出す勇気を与えられるような教師をめざします。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

学科で身につけた知識やスキルを生かし幼児教育と小学校教育の架け橋に。

愛知県公立小学校教諭
K.Nさん

もともと保育士をめざしていましたが、ボランティア活動や教育実習を通し、6年間子どもの成長に寄り添える小学校教諭に魅力を感じるように。私の強みは、保育や幼児教育についても学んできたこと。幼児教育と小学校教育の架け橋として、子どもたちが戸惑うことなく勉強や遊びに取り組めるよう支えたり、読み聞かせを活用した学習指導などを行っていきたいと考えています。めざすのは子どもたちと一緒に成長できる先生です。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

充実したカリキュラムのもと、専門教科の高度な知識や指導法を修得。

愛知県中学校教諭(数学)
O.Mさん

中学校の数学教諭をめざしていた私にとって、採用試験対策を視野に入れた「教材研究」や、授業の進め方、指導のポイントを実践で学ぶ「指導法」など、専門教科を深く学べる授業は大いに役立ちました。また、数学自体をさらに発展的に学ぶ科目も充実していて、高度なレベルで理解した上で生徒たちにわかりやすく教えられる力を身につけられたと思います。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

保育から初等教育まで学べる環境で進路をじっくり決めることができました。

七尾市立保育園 保育士
M.Mさん

高校生の頃から「子どもと関わる仕事がしたい」と漠然と考えてはいたものの、どの職業に就けばいいのか決めきれていませんでした。そんな私にとって、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭すべての資格を取得できる椙山の教育学部は、学びながらじっくり将来について考えられる良い環境だと思い、入学を決めました。また、1年次前期から始まる「ふれあい実習」で、幼稚園や小学校の様子を早い時期に知ることができることも魅力でした。ほかにも実践的な学びの機会が多く、「ケースメソッド」では親子がふれあいながら楽しめるプログラムの企画に取り組みました。仲間と協力し、より良い企画にできるようアイデアを出し合ったり、小さな子どもや保護者の方と実際に関わることで多くのことを学んだと思います。そんな経験や授業、実習、ボランティア活動などを通して、子どもの成長や、子育てをする親を支える仕事がしたいと考えるようになり、将来の目標を保育士と定めることができました。現在、保育園で0・1歳児を担当しています。この仕事の醍醐味は、食事のサポートや遊びなど、日々の生活の中で子どもの成長を見守り、その喜びを保護者と共有できること。また、子どもたちのみずみずしい感性や発想に触れることができることも魅力です。大学で身につけた子どもの心身の発達に関する知識を生かし、子どもに寄り添った環境づくりができるよう、これからも努力を続けていきたいです。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

「楽しく」「わかりやすく」をモットーに授業を工夫し、子どもたちとともに学んでいます。

名古屋市立小学校 小学校教諭
T.Mさん

中学生の頃から「小学校の教員になりたい」という夢を持っていた私は、椙山での4 年間を通して実習や学校でのボランティアを数多く経験し、その思いをどんどん強くしていきました。特に印象に残っているのは「ふれあい実習」。そこで、附属小学校で朝の学習の時間を担当し、オリジナルの教材を作って授業をすると、子どもたちが楽しみながら熱心に勉強に取り組んでくれました。その様子を見ることが本当に楽しく、とてもやりがいを感じました。子どもたちとふれあえる場が身近にあるのが、椙山の教育学部の魅力の一つだと思います。また、先生方がとても熱心に指導してくださったことも大きな力になりました。教員採用試験に向けた面接の練習では、的確なアドバイスを丁寧にしてくださいました。そんな恵まれた環境で、「教員になりたい」という情熱を持った仲間たちと相談し合ったり、励まし合ったりしながら同じ目標に向けて頑張ったことも、かけがえのない思い出です。現在は小学校の教員として、授業はもちろん部活動や学校行事、生活指導、テストの作成や添削などを通し、子どもたちの成長を見守っています。日々の原動力は、「初めて1 0 0 点を取れた!」「頑張って良かった」という子どもたちの笑顔。一日のうちで長い時間を過ごす学校が充実したものになるよう、教材研究に力を入れ、楽しく、わかりやすい授業をするように心がけています。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

保育にかかわることを通して街の未来を支えていきたい。

安城市職員(保育士・教諭職)
S.Kさん

徹底した少人数教育やピアノの個人指導に魅力を感じ、椙山の子ども発達学科に入学。特徴的なのは小学校教諭の免許が取得できるカリキュラム。幼稚園教諭・保育士をめざしていた私も、今、注目されている幼小連携において欠かすことのできない知識を得ることができました。就職活動では、先輩たちの就職報告会、採用試験報告書がとても参考になりました。1年間の就活スケジュールを具体的に計画して前もって行動でき、また採用試験についても過去の傾向を知ることで的確に対策できました。安城市に入職後は、幼稚園教諭か保育士として働きます。最終的な目標は園長になること。現場で長く活躍し、市の保育を担っていきたい。これからが本当のスタートです。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

教育現場での体験を重ね夢の実現につなげました。

愛名古屋市小学校教諭
M.Iさん

小学校教員をめざしていた私は、教員採用試験の合格率が高い椙山の教育学部に魅力を感じ、入学を決めました。指導法の授業や模擬授業では、授業の準備や進め方について実践的に学ぶことができます。それをさらに深めるため、名古屋市内の小学校での学習指導のボランティアに参加するなど、実際の教育現場で子どもたちとふれあう機会を積極的に増やすようにしました。こうした挑戦を熱心にすすめてくださったほか、採用試験前に勉強会を開いてくださるなど、先生方が常に親身になってサポートしてくださったことは、大きな励みになりました。これからは、学校中の子どもたちに笑顔を広げられる教員をめざします。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

算数の面白さを伝えられる小学校教師をめざします。

愛知県公立小学校教諭 合格
M.Yさん

幼稚園から高校まで、各附属・併設校で実践的に学べる椙山の教育学部。入学早々の「ふれあい実習」で中学生の数学嫌いを知り「小学校で算数の楽しさを伝えよう! 」と決意しました。また小学校での放課後学習サポートなどを通して、学校現場だから直面する事例から多くのことを学びました。教員採用試験では、その体験を自分の言葉で伝えられたと思います。

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

大学のサポートを活用し、多彩な経験から学び、成長する。

半田市(保育職)
E.Yさん

幼稚園教諭・保育士・小学校教諭の3つの資格が取得できることと、多彩な実習に魅力を感じて椙山へ。1年次から継続して実習を重ねたことで、全ての経験が力になっていくことを実感しました。働くイメージも明確になり、採用面接で多様な経験と将来のビジョンをしっかり話せたことが合格につながったように思います。また、キャリアサポート課※で何度も面接練習をしたおかげで、「面接での印象が良かった」と高評価をいただけました。椙山には実習をはじめ、ボランティアなど子どもと関われる機会が多く、さまざまな経験を積めます。だからこそ、どんな状況にも対処できる力が身につきました。これからも子どもたちの笑顔を引き出せる先生をめざして頑張ります!

 
夢を実現した先輩たちからのメッセージ

音楽から教育の道へ。椙山の伝統がその道を拓いてくれた。

愛知県小学校教諭
I.Aさん

小さな頃から高校までピアノ漬けの毎日。演奏家になろうと考えたこともありましたが、大好きな子どもと関わる仕事がしたいと、小学校と音楽の教員免許が取得できる教育学部に入学しました。在学中は、忙しくも夢に向かって充実した日々。模擬授業では先生役に立候補し、学習支援などのボランティアにも積極的に参加しました。ただ、大学入学前までピアノ中心の生活だった私は、勉強のコツがつかめず、筆記試験対策には苦労しました。しかし、先生やボランティア先のOGからアドバイスをいただき、少しずつ自分に合った勉強方法を発見。一緒に頑張れる友人の存在も励みになりました。椙山の伝統が教員への道を後押ししてくれたように思います。

 

 

ページTOPへ