Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>受験生の方へ>学部案内学生生活紹介授業紹介

授業紹介

人間論

■人間論

「人間とは何か」「わたしたちはどう生きるべきか」を考える「人間論」は、椙山女学園大学ならではのユニークな授業です。教育学部の人間論では、保育士・幼稚園・小学校・中学校の先生を招き、仕事の楽しさや厳しさについてお話を伺い、また大学4年間のスケジュールを立てるなど、保育士・教師として、また女性としていかに生きるのかを考えています。

 
 

 

■ふれあい実習

早期の体験を通して目標をもって学ぶ姿勢をつくる

長期的な視点で子どもの成長を見守り、支援できる保育士・教員の養成をめざす子ども発達学科では、保育園から大学までを有する総合学園のメリットを生かし、1年次から保育園・幼稚園・小・中・高等学校で独自の実習を実施。早期に子どもたちとふれあう体験を重ねることで、学びの意義について考え、一人ひとり明確な目標をもって学ぶ姿勢をつくります。

ふれあい実習I(観察)

ふれあい実習I(観察)1年次前期

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校の現場で、子どもたちの様子や保育・授業を観察します。観察後の討論会では各自の実習ノートを持ち寄り、事例をもとにしながら指導法を考察。学年やクラス、科目の特性により異なる授業方法に気づき、保育士・教員としての立場で授業を見る視点を養います。

 

ふれあい実習Ⅱ(参加)

ふれあい実習II(参加)1年次後期~

教育や保育の場にボランティアという立場で参加します。実習前の基礎学習として、ボランティア活動に不可欠な知識、技能、マナーを習得。実習後は、経験をレポートにまとめ発表することで、実習の成果を学生同士で共有します。

 
 

 

 

■ボランティア科目

将来の成長につながる地域でのボランティア活動

子どもたちとふれあう機会を増やしながら、教育者・保育者としての自覚と実践力を育てるた め、教育や福祉に関連するボランティアへの参加を奨励しています。本学が定める基準に達 している活動に対しては、単位を認定。また、所定の活動期間(2年間)を満たすと、教員採用 試験の一部免除の特例対象となる場合(名古屋市)もあります。

教育ボランティアI ・II

教育ボランティアI ・II

名古屋市教育委員会の「教職インターンシップ」や「トワイライトスクール」などの学校関連ボランティアや子どもキャンプ指導員への参加を推奨しています。

 

ふれあい実習II(参加)

福祉ボランティアI ・II

児童福祉施設など子どもに関わる福祉施設を中心に、福祉関連のボランティア活動を奨励。情報を提供し、参加しやすい環境を整えています。

 
 

 

英語

■英語

平成23年度から小学校で英語教育が導入されるなど、国際化が求められている教育現場に対応できるよう、英会話の授業を充実させています。1・2年次には、毎日40分間、ネイティブスピーカーの教員による英会話の授業を開講し、2年間しっかりと正しい発音や会話力を身につけます。

 
 

 

■子どもと英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ

教員養成課程で必修化となった英語の指導法に関する科目を教育学部では開設時から開講し、ノウハウを蓄積。「子どもと英語コミュニケーション」では、学生の英会話能力を磨くとともに、子ども達に英語を教えるスキルを養成します。

 
 

 

海外教育演習Ⅱ

■海外教育研修II(実地研修)

夏休みを利用し、オーストラリアのシドニー大学で4週間の海外教育研修を実施します(希望者のみ)。この研修により、英会話力を高め、国際感覚を磨き、海外の教育制度や教育への取り組みを学びます。現地では、シドニーの公立保育園や日本語学校で実習をするとともに、ホームステイでホストファミリーと充実した時間を過ごします。

 
 

 

■教職論

受講する立場から教師の授業や教育活動を評価することに加えて、この授業では教師側からの視点でも、授業や教育活動を評価できるようにします。また、教職を職業とすることの意義を理解すると共に、他者の個性を理解できるようにします。

 
 

 

■子どもの保健IA

個人衛生の観点から小児の成長・発達、疾患とその予防対策について学び、保育実践における保健活動の重要性を理解することで、家庭や地域と連携し、子どもたちの成長と保護者の育児を支援できる人材を育成します。

 
 

 

■子どもの発達心理学Ⅰ

子どもの発達に関わる心理学の基礎を修得し、子どもへの理解を深めます。乳幼児期から成人するまでの発達の姿を理解するとともに、生涯発達の観点から、発達のプロセスや初期経験等の重要性について理解し、保育との関連を考察します。

 
 

 

幼児理解の理論と方法

■幼児理解の理論と方法

保育・教育は、一人ひとりの幼児についての理解を深めることが出発点になります。この授業では、幼児期の感情や思考の発達過程を理解するとともに、個人差に対する配慮についても学んでいます。

 
 

 

子どもと伝承遊び

■子どもと伝承遊び

折り紙やわらべ歌など伝承されてきた遊びや、ひな祭りなど季節行事への理解を深め、日本文化への関心を高めるとともに、理論的学習と実践的学習を組み合わせて学ぶことで、それらを保育の場面に取り入れる意義と方法について学びます。

 
 

 

■障害児保育演習

ビデオ教材で保育の場面における障害児の様子を知り、どのように対応すべきかを学生主体で考える授業を通して、統合保育が行われている保育園・幼稚園において、障害を持つ子どもたちに適切に対応できる知識とスキルを身につけます。

 
 

 

基礎ピアノ

■基礎ピアノI・II

習熟度に合わせた個人レッスンを実施。ピアノ演奏のための基礎的な技術と表現方法、および基本的な和声進行を習得します。そのうえで、子どもの歌の弾き歌いができる力を身につけていきます。

 
 

 

■生活科

小学校1〜2年で開設される生活科。本授業では、自然とのふれあい体験や身の回りのものを利用した遊びといった活動の中から、特に野菜の栽培活動を中心に行い、命と食との関係について科学的かつ道徳的な考察を行います。

 
 

 

図画工作

■図画工作

子どもたちが「つくりだす喜び」を味わうことのできる活動を支えるために必要な、造形活動の基礎を習得します。風・紙・土・光などの素材と、学生のさまざまなイメージから、楽しい作品が生まれています。

 
 

 

■国語の指導法

現在の我が国の学校教育の方向性について理解し、そのような大きな視点から国語科授業の在り方について考え、どのように構成するか、また、どのような指導方法が望ましいのかといった国語科指導法の基礎・基本を身に付けます。

 
 

 

■保育指導法(表現B)

幼児の音楽表現の発達過程と創造性の特徴について実践事例を通して解説。基本的理解を踏まえた上で、学生自ら音楽的な表現活動の経験と教材研究を行い、表現性を高めるとともに、保育における表現活動を実践できるようにします。

 
 

 

数学専門教育科目

■数学専門教育科目

 (「数学基礎I・II」、「微分積分学I・II」、
  「線形代数学I・II」、「数学演習I・II」)

数学の授業は、1年次は、高等学校での数学、特に数II・III・B・Cの内容を改めて見直すことによって、より深い理解を得ることを主な目的としています。また、これらの科目はただ高校の復習のためだけではなく、2年次以降に開講される、より発展的な数学の講義のための礎として、非常に重要な基礎科目です。数学専門教育科目に関する4年間の詳しい流れは ここ をクリックしてください。

 
 

 

音楽専門教育科目

■音楽専門教育科目

 (「ピアノ概論」「声楽概論」「器楽概論」、
  「ソルフェージュ」「音楽理論」)

各概論では「声」を含むそれぞれの楽器の構造や演奏法などについて理論面と実践面から学びます。そして、演奏することの意味や、演奏表現を高めていくためのヒントを学んでいます。

ソルフェージュや音楽理論などは、一般教科における「読み・書き・計算」にあたるものです。音を聴き取り楽譜として書くことや、楽譜を読んで歌うことを学びます。楽譜の理解を促進するとともに、音楽の構造を理解するための基礎を身につけます。

 

 
 

 

■教職実践演習(教諭)

教職課程の科目や教育実習・課外活動等を通して身に付けてきた経験・知識を学生が発表し、ディスカッションを行います。教職を目指す学生が相互に啓発・統合することで健全な教師像を確立し、自らの資質を確認します。

 
 

 

 

ページTOPへ