Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>受験生の方へ>学部案内4年間の学びのモデル音楽コース

音楽コース

音楽コースでは、中学校・高等学校の音楽教員免許状(1種)を取得するためのプログラムを行っています。

歌やピアノあるいは弦・管楽器が大好きで、それらをもっと専門的に学んで将来の自分の仕事としたいと考えている方、たとえ楽器の演奏に自信がなくても音楽教育に関心があり、教師になりたいという意欲にあふれた方を歓迎します。

みなさんの熱意に応え、夢を叶えられるように体制を整えています。あなたも一緒に椙山で音楽を学びませんか?

 

Q&A

 
Q: 入試に実技試験がないのですが、ピアノが弾けなくても大丈夫ですか?
A: 初心者であっても、やる気のある人は4年間の大学生活の中で相当なレベルまで進むことができます。もちろんピアノの素養があれば、大学での学びがよりスムーズになるでしょう。クラシック音楽を聴くことなど、積極的に音楽に接する機会をたくさん持ってください。
 
Q: ピアノ以外の楽器も選択できるのですか?
A: 器楽合奏・合唱等の授業でピアノ以外の楽器を選択し、奏法や発声を学ぶことができます。3年次からは「ピアノ」「声楽」「器楽(弦・管楽器)」の3つから自分が専門とするものを1つ選択して、演奏スキルの習得や表現の手法をより専門的に学習します。
 
Q: 入学前に学習しておくことはありますか?
A: 椙山の音楽教育は、広い視野をもって教育にあたることのできる教員の養成をしたいと考えています。音楽の専門的な知識は大学で学ぶことができますから、入学前にはぜひ一般的な学科の知識や教養、社会性を身につけてほしいものです。そして教育者に欠かすことのできない体力・気力・生活力も充実させておいてください。
 
Q: 学費はどのくらいですか?音楽を選択しても同じ金額ですか?
A: 学費は他学部と同程度です。音楽大学は非常に学費が高いところが多いですが、椙山で音楽を選択しても学費があがるということはありません。音楽教員の免許取得を目指す方は、個人レッスンの時間が長くなりますが、音楽の先生にその分について個別に謝金を払わなければいけないということも一切ありません。
 

■4年間の流れ

音楽コース4年間の流れ

 

 

ページTOPへ