Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>受験生の方へ>学部案内4年間の学びのモデル数学コース

数学コース

数学コースでは、中学校・高等 学校の数学教員免許(1種)を取得するための数学教育プログラムを行っています。
現在、中学校・高等学校では数学の先生が不足気味であり、また、小学校でも数学の得意な先生が求められています。

実際、近い将来、小学校高学年において算数が専科(算数を専門とする先生による授業)になる可能性も高く、その場合さらに多くの数学に専門性を持つ先生が必要になってきます。

また、現在日本では子ども達の理数離れが深刻で、特に優秀な女子生徒も中学生になると数学嫌いになってしまうことが多いのですが、それは魅力的な女性の数学の先生が少ないことも1つの要因ではないかと言われています。

椙山女学園大学教育学部子ども発達学科数学教育プログラムでは、子ども達が理数離れを起こさないような魅力溢れる女性数学教諭を養成し、日本の教育界に貢献していくことを目標としています。

 

Q&A

 
Q: 数学IIIを履修していませんが、数学コースでやっていけますか?
A: 数学IIIの内容は大学に入ってからもう一度きちんと勉強し直しますので、必ずしも数学IIIを履修していなければならないということはありません。椙山女学園教育学部の数学教育プログラムでは、数学IIIの内容を大学数学の立場から学び直す「Aコース」と、数学IIIの前段階にあたる数学II・Bの内容を再度学び直して基本的な内容の理解をより確かなものとすることを目標とする「Bコース」の2コースを用意しています。概ね、数学III履修者がAコース、未履修者がBコースとなっていますが、必ずしもこれは強制されたものではなく、本人の希望で決まります。いずれのコースにおいて、絶対に数学の教員になるんだという強い意志と、その目標を達成するために惜しむことなく努力する姿勢を持ち続けることが数学コースで学んでいくために必要不可欠です。
 
Q: 数学コースの様子を教えてください。
A: 学生は非常に熱心です。授業中にも積極的に発言をし、活気ある授業が行われています。中学校と高等学校の数学免許を取得するコースですので、授業の内容はそれほど簡単なものではありませんが、数学を学びたい!できるようになりたい!と願う学生の気持ちが前面に出ていて、教育学部数学担当教員も一丸となってサポートしています。特に、数学コースの学生を対象として、高等学校での数学の内容を復習したり、授業で学んだ内容に関する問題演習などを行う「数学勉強会」を授業外で随時開催し、勉強する機会をより多く提供しています。
 
Q: 小学校の先生を希望していますが、高度な数学をやらなくてはいけないのですか?
A: 数学教育プログラムに登録するということは、中学・高校の数学教員免許取得を目標とするコースに入るということですので、たとえ進路希望が小学校教諭だったとしても、それなりに高度な数学を学び、単位を取得していかなくては免許は取れません。しかし、小学校教諭を希望していても中学高校の数学教員免許を持っていることは、大きなアドバンテージになります。実際、算数をきちんと教えるためには、その背後にある深い数学を理解していることが大切です。数学教育プログラムでは、3年次から希望進路に応じた数学の専門科目を用意しており、小学校教諭希望者向けの授業もたくさんあります。また、数学教育プログラムを選択しない学生であっても、幼稚園・小学校教諭希望者は、教養科目「数理の世界」において、就職後の教材研究に役立つ内容を学ぶことができます。
 
Q: 実際に数学の先生になれるのですか?
A: 数学の教員になるためには教員採用試験を受験し合格しなくてはなりません。数学の教員採用試験は、他の教科に比べて倍率は低めなので、合格できる可能性は高いです。実際、数学の教員採用試験に合格して教師になれた者の数は、中学・高校の数学教員を希望した卒業生の半数程度であり、かなり良い実績を残しています。
 

■4年間の流れ

数学コース4年間の流れ

2重枠(2重枠)は必修科目、1重枠(1重枠)は選択科目を表しています。
黄色枠(黄色2重枠)は演習の講義が付随している必修科目を表しています。
黄色枠(黄色1重枠)は演習の講義が付随している選択科目を表しています。

 

 

ページTOPへ