Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>受験生の方へ>学部案内4年間の学びのモデル

4年間の学びのモデル

将来の可能性を広げる複数の資格・免許の取得を支援

椙山女学園大学では、子どもの成長を多角的な視点で見守ることができ、将来の可能性を広げる複数の資格・免許の取得を 積極的に支援しています。

 

 

複数免許の取得を可能にする椙山女学園の総合力

教育実習では、特に小学校の実習先確保が困難なのが現状です。保育園から高等学校までを持つ総合学園の実習環境が、複数免許の取得を可能にしています。

 

志望する免許、就職先に合わせて、多様な実習先を用意

2年次には保育実習が、3年次には教育実習がスタートします。子ども発達学科では、複数免許の取得をめざす学生のために、さまざまな施設で実習ができるパターンを用意。取得希望免許や就職希望先に合わせ、最適な実習環境を提供しています。

 

 

 

■保育・初等教育専修

 

保育士・幼稚園教諭・(オプションで小学校教諭)コース

保育士資格と幼稚園教諭1種免許状の取得を目指します。このコースは「保育・初等教育専修」に所属する学生のみが選択できます。平成18年10月から幼稚園と保育所双方の機能をあわせ持つ「認定こども園」がスタートしたように、現在、「福祉」と「教育」マインドをもった保育者が求められています。ふたつの資格と免許を取得すれば、活躍の場もぐんと広がるでしょう。さらに希望者は小学校教諭1種免許も取得できます。乳幼児についての専門性に加え、卒園した子ども達が進学する小学校教育についても深い見識をもった先生を養成します。


保育初等教育専修の詳細はこちら

 

 

 

■初等中等教育専修


初等中等教育専修の詳細はこちら

 

小学校教諭コース

小学校教諭1種免許状の取得を目指します。このコースは「初等中等教育専修」に所属する学生のみが選択できます。小学校はクラス担任制をとっているためすべての教科を教えなければなりません。また学力的にも性格的にも多様な個性をもった子ども達に適切に対応する能力も必要です。全国的にも不足している小学校教諭。このコースでは小学校教諭のプロフェッショナルを育てます。

 

小学校教諭・幼稚園教諭コース

小学校教諭1種免許状と幼稚園教諭1種免許状の取得を目指します。このコースは「初等中等教育専修」に所属する学生のみが選択できます。ただしこのコースで保育士資格を取得することはできません。現在、小学校にうまく適応できない子どもが増加し、幼稚園と小学校の連携が重要であるといわれています。子どもの発達を長期的視座から見通すことのできる先生を養成します。

 

小学校・中学校・高等学校教諭コース

小学校教諭1種免許状とともに「数学」「音楽」の中学校・高等学校の1種免許状を取得することができます。このコースは「初等中等教育専修」に所属する学生のみが選択できます。希望者はさらに幼稚園教諭の免許状も取得できます。「子どもがどのように育っていくのか」「今、自分は教師として子どもにどのような力を身に付けさせればいいのか」など、子どもの発達を長期的視座から見通すことのできる先生を養成します。

 

◎数学コース

小学校では算数にティームティーチングの教諭が配置されることが多く、また高学年で「算数」を専門に教える教諭を導入することが検討されるなど、現在、「算数」「数学」に強い教諭が求められています。子ども達に「算数(数学)が大好き」になってもらえる魅力的な先生を養成します。


数学コースの詳細はこちら

 

◎音楽コース

音楽は子どもの情操教育の核となるので、中学校・高等学校の先生になることはもちろん、小学校の先生になったときに「音楽」ができるということは、あなたの先生としての魅力をさらに高めることになるでしょう。教育現場における音楽の先生の活躍の場は広がっています。


音楽コースの詳細はこちら

 

 

ページTOPへ