Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME>受験生の方へ>学部案内>学部長挨拶

学部長挨拶

教育学部長 宇土 泰寛

教育学部は、平成19年4月に発足しました。
本学部は乳幼児保育、幼稚園から大学に至る学校教育、家庭における子どもの養育・しつけ、青少年のカウンセリング、国際化と教育、生涯にわたる人間形成などの保育、教育の諸問題に関する教育研究をベースに、社会の変化と要請に的確に対応し、学校、保育現場の諸課題に真摯に取り組み、カウンセリングマインドや異文化理解力をもち、教育愛、使命感を持った教員、保育士となりうる人材の養成を目指します。

学部は、1学科(子ども発達学科)2専修(保育・初等教育専修と初等中等教育専修)から構成されます。保育・初等教育専修は、保育士資格、幼稚園教諭1種免許状及び小学校教諭1種免許状が取得でき、初等中等教育専修は幼稚園教諭1種免許状、小学校教諭1種免許状、中学校教諭1種免許状(数学・音楽)及び高等学校教諭1種免許状(数学・音楽)が取得できます。

本学部の主たる特色としては、次の4点を挙げることができます。

(1) 1学部1学科であるため、例えば、保育士と幼稚園教員、小学校教員と中学校教員といった複数の免許ないし資格取得が可能です。
(2) 総合学園であるためすべての学生が1年次から附属幼稚園・小学校、併設中学校・高等学校での実習に参加できる「ふれあい実習I(観察)」をはじめ、多くの学外実習プログラムを準備して、実践力のある教員の養成を目指します。
(3) ネイティブ・スピーカーによる英語教育、海外教育研修によって実践的な英語能力育成を目指しており、グローバル人材の育成で重視されている小学校英語活動に対応しうる教員の養成が可能です。
(4) 各学年ごとに少人数によるフェイス・トゥ・フェイス教育を開設し、学生一人ひとりの自己実現を支援します。

将来、教員、保育士となって社会で活躍することを希望する人、教育や保育について関心がある人は、本学部の優秀な教授陣、行き届いた教育環境のもとで学ばれることをお薦めいたします。

教育学部長 宇土泰寛

 

 

ページTOPへ