Sugiyama 椙山女学園

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
HOME数学コース新カリキュラム

カリキュラム

■新カリキュラムの特色

開設から4年目を迎えた教育学部数学コースでは、今年初めて一期生31名のうちの9名が中学校教員採用試験に臨み、5割以上の合格率を得ることができました(公立中学7名、私立高校1名(複数合格者を含む延べ人数))。この他数学コース所属学生の中から公立小学校11名(補欠含む)、私立小学校2名、私立幼稚園1名、一般企業1名合格しました。(実人数)
数学コースではカリキュラムの改訂を行い、現在までの良かった点を活かしつつ、さらに充実した教育を来年度(平成23年度)から展開していきます。
具体的には次の点が新カリキュラムの特色です。

 

  • 1年次の早い段階から、発展的な内容を含んだ導入科目を設けることで、大学での専門的な数学の学修へスムーズに入って行けます。
  • 1-2年次の解析学関係科目として、「数Ⅲ・数C履修者コース」と「数Ⅲ・数C未履修者コース」とを設け、高校での数学科目の履修状況に合わせた授業展開を行います。
  • 3-4年次向けには、卒業後の進路に応じた内容を持つ「小学校教員向け科目群」と「中学校あるいは高等学校の数学教員向け科目群」の講義を選択科目として開講します。
  • 中学校あるいは高等学校の数学教員を目指す学生のために、3年次前後期に数学系教員による「ケースメソッド」を開講し、1-2年次に学んだ数学を深め、更に4年次の「卒業研究」へスムーズに移行できるようにします。
  • 4年次前期には数学教育の実践的能力を高めるため、それまで学んだ専門数学の高い立場からもう一度学校数学を見直し、より深い理解を図る「数学教材研究」を開講します。これは採用試験の準備としても大いに役立つものです。

 

 

■新コースツリー

新カリキュラムでの各学年での進行具合を示す図(コースツリー)は下の図のようになります。

数学コースツリー

拡大画像を見る(PDF)

 

 

ページTOPへ